普段からがんになったときのことを考えておく

若いときは、自分はがんとは無縁と考えているでしょう。
しかし、若くてもがんになることはありますし、いずれはがんで亡くなる可能性が非常に高いです。
年齢に関係なく、がんになったときのことを普段から考えておいてもムダではないでしょう。
病院でがんと診断された場合、医師から色々な説明を受けることになります。
医師の説明を一方的に聞くだけではいけません。
医師の説明だけで全て納得できる人はほぼいないでしょう。
分からないことだらけのはずです。
分からないことや疑問点は遠慮せずに聞くようにしましょう。
医師に聞きにくいと言う場合は、看護師を通しても構いません。
自分の病気を理解することに努めることが大事です。
また、主治医から治療法を提示されますが、ほかに選択肢がないかも確認しておきましょう。
選択肢がある場合、なぜその治療法を提示したのかを聞くことです。
副作用や日常生活への影響なども忘れずに聞いておくようにしましょう。

Copyright© 医療 All Rights Reserved.

普段からがんになったときのことを考えておく